妊娠中期の体調の良い日は、戌の日のお参りに出かけよう

私は一昨年長男を出産しました。
自分に子供が出来るまで、正直子供が苦手で、どう接していいか分からないほどでした。
しかし、子育て中の友人や姉妹からは、その気持ちは180度変わる、
自分の子供は本当に可愛いもの、と聞かされていました。

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れもあり、精神的に落ち込むことがあります。
特に妊娠初期の頃は、悪阻や体調不良で風邪をひくこともあり、
辛く思う日が多くありました。

妊娠中期の安定期に入ると、初期の頃に感じていた不安が徐々に解消され、
体調も良くなり気持ちも明るくなり始めました。
そして、出産までのマタニティライフを楽しもう、という気持ちになり、
ちょうど5ヶ月だった頃、戌の日のお参りに行きました。

戌の日とは、妊娠5ヶ月のいわゆる安定期に入った、最初の戌の日に神社で
安産祈願をすることをいいます。
犬は多産で、お産が軽いため、安産の神様といわれているそうです。

私は都内在住なので、安産祈願で有名な水天宮を選びました。
水天宮は、全国から妊婦さんが訪れるので、土日は特に混雑していると聞いていました。
私の体調を考慮して、夫が平日の戌の日の休みが取れたので伺いました。

まずは受付を済ませ、初穂料と安産祈願の腹帯の代金を支払います。
40分程別室で待機し、妊婦さん一人一人名前を呼んでいただき、無事祈願は終わりました。
こちらは安産祈願だけでなく、赤ちゃん連れのお宮参りの家族も多くいて、
私も無事出産ができたら、またここへお礼を言いに来ようと思いました。

水天宮の近くにある、ロイヤルパークホテルのロビーには、
子宝犬の像があります。
こちらも安産祈願とセットで訪れる妊婦さんが多いです。
私も犬の像を撫でて、自分も無事に出産出来るようにお願いしました。

私にとって、戌の日のお参りはとても素晴らしい経験になりました。
しかし、妊娠中はまずは体調第一です。
無理に行く必要はありませんが、もし体調が安定しているのであれば、近くの空いている神社でもいいので、赤ちゃんが無事に産まれてくることを、
家族でお祈りに行ってはいかかでしょうか。
きっと素晴らしいマタニティライフの思い出の一つになります。

妊娠中に胃薬を飲んでしまって後悔した体験談

妊娠していた時、常に吐き気に悩まされていました。これは当然、つわりの症状の一つです。誰でも起こり得ることなので、とにかく我慢するしかありません。でも、私は我慢できませんでした。それに、症状が他人よりも重い方だったようです。吐き気に加えて食欲もなくなってしまいました。常に胃がムカムカしていて、次第に胃がキリキリと痛み出してしまったのです。
本当は胃腸科を受診したいと思っていました。ところが、友人から胃カメラを飲んだり、レントゲンを撮ったりすることはできないと忠告されてしまい、受診することができませんでした。当然、妊娠中はレントゲンを撮ってはいけないことくらい、私も知っています。薬の服用も胎児への影響を考えて、勝手に行ってはいけないことも知っています。それでも我慢できず、近所のドラッグストアで胃薬を購入し、飲んでしまいました。
その時に通院していた産婦人科で、胃薬を服用したことを正直に告白したところ、当然のことながら担当医に怒られてしまい、それからは反省しました。やはり妊娠中に勝手に薬を服用することは禁忌だったようです。どうしても胃の痛みが我慢できないというのなら、病院で処方した漢方薬を使うようにと言われました。
担当医が体のことも考えて処方してくれるものなら安心です。しかも、漢方薬なので、普通の薬とは違っています。胎児への影響もないはずです。その後は、どうしても辛い時だけ漢方薬を利用するようになりました。
安定期に入って落ち着いてからいろいろと調べてみたのですが、胃が痛くなることは妊娠中、よくあることだそうです。だからといって、やはり薬の服用はいけないということが分かりました。もちろん、すぐに胎児の状態を確認しましたが、支障はありませんでした。
つわりによって胃に負担をかけてしまうことはよくあるので、これを乗り越えることが妊婦の試練となるようです。また、我慢せずに、担当医に相談して私のように漢方薬を処方してもらうなど、対策を練ることが重要だと身にしみて感じた出来事でした。

妊娠中にとても助けられた抱き枕の存在について

妊娠中期以降、おなかがどんどん大きくなってくるとお腹の重みも出てきて、お腹に圧迫されたり、夜中に胎動が激しくなったりと、眠りが浅くなったり、寝つきにくい状態が続きました。
眠いのに眠れないストレスは本当に辛く、ストレスでイライラしてしまうことが多かったです。
また、腰痛もあったため、痛みのない楽な姿勢を探すのにも苦労しました。
そのようなときに、シムスの姿勢が体の負担や寝苦しさを和らげてくれ不眠の解消につながると聞きました。
そして、シムスの姿勢を維持するには抱き枕を使用すると楽になれるとのことだったのですぐに購入しました。
今はたくさんの抱き枕が売られており選ぶときにとても迷いましたが、私は妊婦用であるもの、肩から膝付近までをサポートしてくれる長さのあるもの、適度な弾力があるもの(私は低反発が好みでした)が良いのではないかと思います。
さらに、カバーが洗濯できるものや産後に授乳クッションや赤ちゃんの背もたれクッションとして使用できる機能があれば、より経済的です。
価格も本当にピンきりで、普通の一般的な抱き枕であれば家具屋さんやホームセンターなどにも安くで売っています。妊婦用となると少し高くなってしまいますが、私は妊婦用にしてよかったと思います。
私は妊娠7か月で購入し、出産直前まで使用しました。
陣痛が来てからも私はシムスの姿勢がすごく楽に感じたので、病院にまで持参したほどです。
そして、生まれてからは丸めて授乳クッションとして利用しましたし、寝返りする時期になってからは寝返り防止クッションとしても利用しました。
卒乳して授乳することが無くなってからも、こどもが使っていた抱き枕が大好きで包まれながら寝ています。
もう、数年使用しているのでだいぶへたってはいますが、なかなか捨てられずにいます。
正直、妊娠中の期間しか使わないかな、もったいないかなとも思っていましたが、すごく楽になりましたし、購入してよかったマタニティグッズの一つでした。

妊娠したことで身体に様々な痛みが出ました

私は妊娠期間中に、様々な身体の痛みを経験しました。
妊娠初期には、下腹部痛が起こりました。
お腹が引っ張られるような、チクチクするような痛みでした。不安になり何度か診察を受けに行きましたが特に異常は見受けられず、子宮が大きくなろうとするために起こるものだと言われました。
まだ、胎動もないですし流産の兆候ではないかと非常に不安に感じましたが、自然と症状はなくなっていったように思います。
また、妊娠中期に入るとお腹も徐々に大きくなってきて、お腹をせり出すような姿勢をとることが増えるからか腰痛が起こりました。
私の場合は本当にひどく、歩くこともままならないくらいになってしまったので、妊娠中でも施術してくれる整骨院を探し、治療してもらいました。
また、寝るときの姿勢も辛くなってきたので、抱き枕を購入し、楽な姿勢をとれるように工夫しました。
さらには、つわりが収まったと思ったら胃痛に悩まされました。
後期つわりと言うみたいですが、私は出産まで症状の程度は違ってもずっと悩まされました。赤ちゃんが大きくなることで胃が圧迫され、動きが鈍って起こるみたいなので、我慢するしかないと諦めていました。
おかげで、体重はさほど増えなくて済みました。
いよいよ妊娠後期、臨月近くになってくると、次は恥骨痛に悩まされました。
少し動くだけで恥骨や足の付け根付近に激痛が走り、本当に辛かったです。
出産のために体力をつけたいので散歩をしたいと思っても、痛くてそれどころではありませんでした。
検診の際に相談するも、赤ちゃんが下がってきているから骨盤や恥骨が押し広げられて負担になっているから痛むのでどうしようもないと言われました。
結局この症状も出産するしか改善策はなかったのですが、ぬるめのお湯での半身浴をしたりしましたが、少しマシになったかなと思える程度のものでした。
上記に記載したように、妊婦生活の間は本当に痛みとの戦いでした。
そして、最後には出産に伴う痛みが待っています。
本当に辛いことが多いですが、赤ちゃんが生まれてしまえば痛みなんてすっかり忘れるくらい幸せな気持ちに包まれました。

妊娠の報告を受けた人に向けたお祝いの内容

一般的に出産祝いとしてギフトを贈るケースはあるものの、妊娠の報告を受けて、喜ばしい内容にお祝いのギフトを贈るケースは意外と少ない気がします。私の場合、同世代の女性は結婚適齢期で幸せな結婚を報告したり、もちろん、赤ちゃんを授かった報告も受けることがあります。授かったことは喜ばしいのですが、お祝いの言葉を伝えるだけに留まることもしばしばあります。と言うのも報告は初期の時期に重なり、喜べる報告を受けたものの、流産によって悲しい知らせを受けたケースが以前あったため、ギフトを贈ることによっては相手に苦痛を与えてしまうのではないかと考え、なるべく出産祝いとしてギフトを贈るように意識しています。近い身内であれば形として残らない物を贈ることは差し支えがないと思っていて、妊娠や育児用品とは異なる品物を選ぶようにしています。妹の妊娠が分かった際にも、安定期に入ってから記念に食事に誘うなどの配慮を行いました。また報告を受けた側だけではなく、妊娠した本人が自分へ向けたお祝いを行うケースも増えており、妹の場合にも記念に残したい思いからマタニティーフォトを作成していました。ブライダルフォトが一般的ですが、妊婦の身体で過ごす時期は1年もないため、写真に残すことで後々、思い出として振り返ることができます。アルバムに仕上げてくれるフォトスタジオで、グラフィックを駆使してエコー写真や家族写真なども掲載したレイアウトで仕上げていました。流行りのセミヌードによるフォト作成は恥ずかしさがあったものの、自分の身体を記録に残すメモリアルな演出も有りだと感じています。また、形に残らないものとして私が妊娠の報告を受けた人に出産とは違う形で贈るのがワインです。誕生日同様、生年月日や名前などが入れられたり、写真もラベルとして使えます。さらに熟成させることができるので、アルコールを控えなければならない妊婦の時期や出産後の授乳期などを過ぎた後でもゆっくり楽しめるため、喜ばれているギフト品です。